ライフサポートNCS

ラップ口座で資産運用するメリット

女性と貯蓄投資

資産運用をするときにはいろいろな方法を選ぶことができますが、その一つの方法として最近になってラップ口座があります。
ラップ口座という投資法は、2004年に規制緩和を受けて日本ではサービスが開始されています。金融機関が投資家に合った投資戦略を提案し、その金融機関と投資一任契約を結ぶことで、投資家に代わり、金融機関が資産運用を行うというものです。この場合、金融機関は手数料ではなく、預けている財産に対してのフィーという形で報酬を受け取るというものです。日本では、証券会社でサービス運用されているものが多いですが、三井住友信託銀行などは銀行としてラップ口座に力を入れているようです。

投資をするためにはポートフォリオを組まなければなりませんし、それに必要な銘柄選択もしなければなりません。このようにしていろいろなことをしなければならないので面倒なのですが、それを一任できるというメリットがあります。人気を集めている理由は小額で利用できるようになったことです。かつては、1億円以上、あるいは数千万円以上といったサービスが多かったのですが、現在のところは数百万円くらいから利用できるようになって来ました。数百万円くらいなら一般的な個人の人でも利用できますから、たとえば退職金を運用したいという人などをはじめとして利用者が増えました。完全に任せるといっても、細かいことは相談できるというメリットはあります。リスクを抑えた投資をするのか、それとも積極的に利益を求めていくのかといったことを相談しながら方針を決定していきます。方針を決めた上で、実際の運用の手続きについては金融機関が行ってくれますから、手間をかけずに取引ができるというメリットがあります。