ライフサポートNCS

ノーリスクで行う資産運用とは?

女性と貯蓄投資

日本人の多くの人が将来に備えて毎月コツコツと貯金をしていると考えられますが、コツコツと貯めたお金がある程度大きくなってきたのならば、その資金をベースとしてより効率的に貯金を活用するのがより賢い手段であると考えられます。

これは所謂資産運用と呼ばれる手法であり、多くの人が興味を持っているものの実際に資産運用を行っているのは日本では少数派となっています。
資産運用を必要以上に難しく考えてしまっていることや、極端にリスクを嫌う人が多いという点から資産運用を行う人が少ないのだと考えられますが、資産運用の手段の中には初心者でも簡単にでき、ノーリスクのものも存在しています。

誰でも簡単に行なうことができ、なおかつノーリスクで行える資産運用の形が定期預金となります。
専用の預金口座に定められた一定期間お金を預け入れることを約束するタイプの預金商品であり、普通預金よりも制約が多い分、金利も高めに設定されています。

預金商品の一種なので、ペイオフの対象となりノーリスクでの資産運用が可能となります。
同じ初心者向けの資産運用手段として人気の高い投資信託よりもさらにリスクが低くまた投資信託やFXの用に取引の煩雑やや支払い手数料がないことも大きな魅力と考えられます。