ライフサポートNCS

女性向け医療保険の保険料について

女性と医療保険

女性向けの医療保険の保険料は、女性入院給付金などによっても異なります。

例えば日額8千円で契約をした時の相場は、 毎月の支払いを1万円以内にすることもできます。
入院給付金日額の10倍として、手術給付金は8万円、がん治療給付金は80万円といった具合です。入院は入院する費用だけではなく、それに伴ってかかる費用への備えも必要です。
入院給付金日額を選ぶときには、治療給付金や手術給付などのことも考えると良いです。それで計算していくと、1日5千円のコースもありますが、8千円を目安としておいたほうが、安心感があるでしょう。

女性特有の病が原因となって、病院に入院したとき保障されますが、これは入院給付金とは別で支払われることになります。
入院給付金日額に、入院日数をかけた金額が支払われることになります。入院を1回した場合、60日間支払い日数があります。

女性特有の病気で主なものは、子宮がんや乳がん、卵巣機能障害や子宮筋腫などです。
手術給付金支払い対象は、約款所定の手術を、日本国内で受けた場合になります。入院のない手術や抜歯など、支払い対象外もありますから確認しましょう。

年齢的にも早い段階で、保険の料金が上がらない終身への加入もよいでしょう。